ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

ニセ文書で政権を追われた鳩山内閣

今回のメルマガは「読むオプエド」および書籍「オプエド」(KADOKAWA 2017.11.16発行)から普天間基地移設問題についてご紹介します。「鳩山友紀夫氏 普天間基地移設問題を語る」9月4日、オプエド1000回記念ウィーク2日目の特集は、元内閣総理大臣の鳩山友紀夫さんが、普天間基地の県外移設に関する外務省極秘文書が原因で総理を辞職した件について取り上げました。プロデューサーの上杉隆は、「鳩山さんが基地の県外移設を諦めた理由は、外務省からもらった文書にアメリカ海兵隊の基地は沖縄から65海里以内にしか移設できないと記されていたからである。しかし、アメリカ政府に確認したところ、デタラメであることが判明した。これは大ニュースであるにもかかわらず、ニューズ・オプエドと沖縄の新聞以外に報道がない。アメリカのマスコミであれば、自分たちの間違いを訂正するが、日本のマスコミは間違いを絶対に認めない。もし認めてしまうと、嘘の報道によって総理大臣を辞めさせたことについて、鳩山さんに謝罪しなくてはいけなくなるからだ。全員が嘘でなかったことにするため、報道も一切出ない。戦前、官僚や陸軍が天皇陛下の意向を無視したように総理を騙した。それで何の罪も受けない国家はおかしい」と、日本のマスコミや国そのもののあり方を強く批判しました。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。