ノーボーダー・スポーツ/記事サムネイル

「星野恭子のパラスポーツ・ピックアップ」(481) ボッチャの日本選手権で、パリパラ代表入りに3人が内定! 3月の最終予選に出場枠上積みを目指す

パリパラリンピックのボッチャ日本代表選手選考会を兼ねた「TOYOTA presents 第25回日本ボッチャ選手権」が1月19日から21日にかけて東京・墨田区総合体育館で開催されました。4クラスの男女個人戦の結果、日本ボッチャ協会が定めた規定により、3選手がパリパラ代表に内定しました。ボッチャ日本代表は最大10人で、3月にポルトガルで行われる世界最終予選などでさらなる代表枠獲得を目指します。

今大会で代表に内定したのは国際ボッチャ連盟の規定により2023年12月16日付の世界ランキングに基づいてパリパラ出場枠を獲得していたBC1/2チーム戦(脳性まひ・男女混合)に出場する3選手です(個人戦にも出場可)。まずは、「日本の2枚看板」であるBC2(脳性まひ)男子の二人、廣瀬隆喜選手(西尾レントオール)と杉村英孝選手(伊豆介護センター)です。ともにパラリンピックで複数メダルを獲得しているエースで、廣瀬選手は5大会連続の、杉村選手は4大会連続のパラ出場内定となります。