ニューズオプエド

ノーボーダースポーツ詳細
2018年06月25日
「星野恭子のパラスポーツ・ピックアップ」(228) パラスポーツを観にいこう! 7月~8月開催の主な大会情報
2020年東京パラリンピック開幕(2020年8月25日)まで、2年余り。大会を見据え、日本で開催される国際大会も増えてきました。夏休みも近づく今号は、7月から8月にかけて開催される、主なパラスポーツ大会をご案内します。

秋に全国大会が開かれる競技も多く、夏の時期にはその予選会が各地で開催されます。身近な地域で気軽にパラスポーツを観戦するチャンスです。2年後の東京パラリンピックに向けて今から予習して、お気に入りの競技や選手を、ぜひ見つけてください! 2年後の夏が、きっともっと楽しくなります。

*日程など変更になる可能性があります。事前に参考サイトでお調べください。
*記載のない限り、入場・観戦無料です。

<7月>
■6月30日(土)~1日(日)
【陸上競技】 第23回関東パラ陸上競技選手権大会
国内開催の世界パラ陸上(WPA)公認大会としては、今季初戦となる大会。トラック&フィールドを舞台に、さまざまな障がいのアスリートたちが躍動!

会場:  町田市立陸上競技場 (市立野津田公園/東京・町田市)
参考:  http://www.kanto-para.org/recruit.html

■1日(日)
【陸上競技】 第24回 みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会
日本三景のひとつ、松島を臨む景勝地を舞台に行われる、歴史ある大会。パラの部は9時30分スタート予定。一般の部やキッズなども同時開催。

会場:  七ヶ浜町スリーエム湊浜海浜緑地周辺 (宮城県七ヶ浜町)
参考:  http://triathlon-7.main.jp/pg259.html

■7月7日(土)~8日(日)
【陸上競技】 2018WPA(世界パラ陸上)公認 ジャパンパラ陸上競技大会
国内開催の世界パラ陸上(WPA)公認大会第2戦にして、最高峰の大会。国内トップアスリートに加え、今年は世界のメダリストたちも参戦!! オリンピアンにも匹敵する記録をもつ、義足のジャンパー、マルクス・レーム(ドイツ)選手など、世界クラスのパフォーマンスをぜひ!

会場:  正田醤油スタジアム群馬(群馬県立敷島公園陸上競技場)
参考:  http://www.jsad.or.jp/japanpara/athletics/

■7月7日(土)~8日(日)
【ゴールボール】 日本ゴールボール選手権大会男子一次予選大会
11月17日~18日に開催予定の日本選手権大会に向けた、男子チームの一次予選会。

会場:  埼玉県所沢市民体育館 (埼玉県所沢市)
参考:  http://www.jgba.jp/

■7月7日(土)~8日(日)
【車いすテニス】 「火の国杯争奪」車いすテニス九州大会
日本車いすテニス協会(JWTA)のランキングポイントを目指し、熱戦必至!

会場:   (熊本県)
参考:  http://jwta.jp/

■8日(日)
【ブラインドサッカー】 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権大会 FINALラウンド
全国から21チームが集結し、2018年度のクラブチームNo.1チームを決める国内最高峰の大会で、今年で17回目。6。月24日~25日に行われた予選ラウンドと準決勝戦による結果により、
3位決定戦は、コルジャ仙台ブラインドサッカークラブと埼玉T.Wingsが対戦。そして決勝戦は、Avanzareつくばとたまハッサーが“日本一の勇者”を目指して激突!

会場: アミノバイタルフィールド (東京・調布市)/無料 (一部有料席あり)
参考: http://axa-bravecup.b-soccer.jp/

■14日(土)~15日(日)
【ボッチャ】 第20回日本ボッチャ選手権大会 西日本ブロック予選会
西日本ブロックの選手たちが、最高峰の日本選手権大会の出場権を目指す。

会場:  ジップアリーナ岡山 (岡山市)
参考:  http://japan-boccia.net/

■14日(土)~15日(日)
【ウィルチェアーラグビー】 第20回日本選手権大会予選リーグA
日本選手権大会出場に向けた予選リーグ。西日本地域のチームが激突!

会場:  高知県立障害者スポーツセンター (高知市)
参考:  http://jwrugby.com/

■21日(土)~22日(日)
【ウィルチェアーラグビー】 第20回日本選手権大会予選リーグC
日本選手権大会出場に向けた予選リーグ。北海道・東北ブロックのチーム

会場:  北海道教育大学岩見沢校 (北海道岩三沢市)
参考:  http://jwrugby.com/

<8月>
■4日(土)~5日(日)
【陸上競技】 WPA公認第23回日本ID陸上競技選手権大会
知的障がい(ID)のあるアスリートたちを対象にした、国内最高峰の大会。パラリンピアンや2020年パラリンピックを目指す選手たちも集結!

会場:  岐阜メモリアルセンター長良川競技場 (岐阜市)
参考:  http://www.jidaf.org/

■4日(土)~5日(日)
【シッティングバレーボール】 第21回夏パラバレーボール選手権大会
下肢に障害がある選手と対象とし、臀部を床につけたままでプレーするバレーボール。今大会は国際大会とは異なり、男子チームには女子も入ることができ、また、健常者との混成、または健常者のみのチームの参加も可能となっている。

会場:  台東リバーサイドスポーツセンター (東京都台東区)
参考:  http://www.jsva.info/

■ 5日(日)
【卓球】 第2回JPTT ultimate team match
昨秋に開催された、「国際クラス別パラ卓球選手権大会」で、上位入賞した選手2名だけが出場できる大会。実力者同士によるチーム戦だけに、好ゲームが期待される。

会場:  中村南スポーツ交流センター (東京都練馬区)
参考:  http://www.ne.jp/asahi/para/tabletennis/

■ 8日(日)
【ボッチャ】 第3回全国ボッチャ選抜甲子園
特別支援学校チームによる日本一決定戦。今年は全24校の出場が決定。リオパラリンピックでの銀メダル獲得や障害の有無にかかわらず、ユニバーサルスポーツとしての可能性も高く、人気上昇中のボッチャ。次世代エースの出現にも期待!

会場:  港区スポーツセンター (東京都港区)
参考:  http://japan-boccia.net/

■18日(土)~19日(日)
【トライアスロン】 2018長良川パラトライアスロン大会
長良川とその河川敷を利用した特設コースで開催。

会場:  国営木曽三川公園 アクアフィールドトライアスロンコース (岐阜県海津市)
参考:  http://gifu-triathlon.jp/event2018_0520.html

<主な国際大会>

【トライアスロン】 ITU世界パラトライアスロンシリーズ・エドモントン大会
年3回の世界シリーズ戦の最終戦。9月の世界選手権(オーストラリア)出場に向け、重要な一戦。
7月27日(金)
場所: カナダ・エドモントン
参考: https://edmonton.triathlon.org/

【ウィルチェアーラグビー】 2018 IWRF世界選手権大会
パラリンピックについで権威ある、4年に1度の世界一決定戦。世界トップ12チームの中、日本代表はまず、オーストラリア、スウェーデン、ニュージーランド、デンマーク、アイルランドとのグループリーグに挑む!
8月4日(土)~8月10日(金)
場所: オーストラリア・シドニーオリンピックパーク
参考: https://www.2018wrwc.com/

【水泳】 2018パンパシパラ水泳競技大会
4年に1度、開催される国際大会。日本からは代表選考会で参加標準記録などを突破した選手が参加。メダル獲得や自己記録更新を目指して戦う。
8月9日(木)~8月13日(月)
場所: オーストラリア・ケアンズ
参考: https://www.swimming.ca/en/events-results/events/2018-pan-pacific-para-swimming-championships/

【車いすバスケットボール】 2018 IWBF 世界選手権大会
パラリンピックについで権威ある、4年に1度の世界一決定戦。日本からは男子代表が出場し、世界トップ16チームの中で上位を目指す。まずは、トルコ、ブラジル、イタリアとのグループリーグ戦からスタート!
8月16日(木)~8月26日(日)
場所: ドイツ・ハンブルグ
参考: https://iwbf.org/event/2018-world-championships/

(文・取材:星野恭子)